11月15日(日)、橿原家庭教会の礼拝堂で日曜礼拝を行いました。

開会宣言、聖歌、家庭盟誓、開会祈祷の後、聖歌隊による賛美が行われました。
この日は青年聖歌隊が「君は愛されるため生まれた」を綺麗なハーモニーで賛美しました。

その後、金教会長が登壇され、「天一国創建は真の家庭運動を通して」という題目で説教しました。
金教会長は説教の中で、様々な事件や問題の根底に家庭の機能や役割の低下があることを紹介しながら、幸せな家庭づくりを目指していく「真の家庭運動」が、救国・救世運動であることを強調しました。

この日は、「万物の木・聖燭伝授式」も行われ、多くの参加者が聖燭の伝授を受けていました。

礼拝後は、昼食に婦人の方が用意したカレーを頂き、楽しい交流のひと時を過ごしました。

 
IMG_3943a

IMG_3946a

IMG_3954a