4月17日(日)、橿原家庭教会 礼拝堂において日曜礼拝を行いました。

開会宣言、聖歌、家庭盟誓、開会祈祷の後、金炫鈺教会長による説教の時間となりました。

金教会長ははじめに、先週起きた熊本地震について話され、多くの犠牲となった方々に対してご冥福を祈りました。

その後、「救国救世のみ言」という題目で説教しました。
金教会長は、世界平和統一家庭連合の創始者である文鮮明先生のこれまでの業績を紹介しながら、文先生が冷戦や宗教間の争いなど世界の様々な諸問題を解決するために平和運動を展開してこられたことを説明しました。

また、「国を救い、世界を救う」ことが文先生の理念であり、「世界平和は家庭の平和をいかに成し遂げるかにかかっています」という文先生のみ言を紹介しながら、私たちが「家庭の平和」を目指しながら、平和な社会、平和な世界を築いていくことを強調しました。

また、この日は中学生・高校生の進級祝いの時間が持たれ、金教会長から中学生・高校生一人一人に進級祝いが手渡されました。

 
IMG_6347a

IMG_6345a

IMG_6343a

IMG_6361a

 
※熊本地震被害に対する義援金募集の案内はこちら(新しいウインドウで表示)をご覧ください。