6月5日(日)、橿原家庭教会の礼拝堂で「第54回真の万物の日 記念礼拝」を行いました。

開会宣言、聖歌、家庭盟誓、開会祈祷の後、聖歌隊による賛美が行われました。
この日は青年聖歌隊が、聖歌第29番「宴のとき」を神様に対する感謝の心情で賛美しました。

その後、金教会長が登壇され、「第54回真の万物の日」という題目で説教しました。
金教会長は説教の中で、「Peace TV」の特集動画を視聴しながら、文鮮明先生ご夫妻が、環境問題や食料問題に大きな関心を持たれ、先駆けて植林や水産事業を通じて、環境問題や食料危機問題に具体的に取り組んでおられることを紹介しました。

また、人間の堕落によって、万物が真の主人を待ち望んでいることを説明し、私たちが生活の中で実践していくべき内容として、

①神様の愛で万物を愛する「掃除」
②時間を管理し神様のために時間を使う「時間主管」
③お金を神様や世界のために使う「十一条の献金」

の3点を強調しました。

礼拝後は、昼食に婦人の方が用意したカレーを頂き、楽しい交流のひと時を過ごしました。

 
IMG_6595a

IMG_6606a

IMG_6611a