9月4日(日)、橿原家庭教会の礼拝堂で日曜礼拝を行いました。

開会宣言、聖歌、家庭盟誓、開会祈祷の後、聖歌隊による賛美が行われました。
この日は青年聖歌隊が、「花は咲く」を心を込めて歌いました。

その後、金教会長が登壇され、「人間の真の価値」という題目で説教しました。
金教会長は、家庭内の事件や内戦・紛争で尊い命が無意味に失われている現状や、多くの感動を与えてくれたリオデジャネイロオリンピックでも性倫理が低下している現状に触れながら、人間の尊厳性が危機にさらされていることを説明しました。

そして、家庭連合の教義である「原理講論」の内容を紹介し、本来の人間の価値は、神様のように尊い価値であり、全宇宙とも代えることのできないほど尊い価値があることを説明しました。

最後に「神様を愛し、家族や隣人を愛し、万物を愛する生活をする人生を送る中で、人間の真の価値が現れるような、幸せな家庭や社会をつくっていきましょう」と参加者を激励しました。

礼拝後は、婦人の方が準備したカレーを食べながら楽しい交流の場を持ちました。

 
IMG_7791a

IMG_7802a