5月9日(日)、橿原家庭教会に佐々木一成第4地区修練所所長をお迎えして「天一国特別礼拝」を開催しました。

この日は、新型コロナウイルス対策のため、換気やソーシャルディスタンスに加え、インターネット中継も行いました。

説教のタイトルは「天寶摂理と孝情の原点」。

佐々木所長は初めに、「孝情」とは「私の心の姿勢」であることを説明し、日々の生活の中でどれだけ神様の愛を実感できている私であるかが大切だと強調しました。

また、文鮮明先生ご夫妻のみ言を中心として、神氏族メシヤの出発点、清平という場所の意義と価値、天寶役事の背景等を摂理的観点でまとめて話をして下さいました。

最後に「やりたいという気持ち」「神様の夢に同参したい」という主体的な決意、それが「孝情」であることを説明し、「神様の愛を実感し、感謝と喜びの生活をなしていきましょう」と参加者を励ましました。

 
2021.5.9天一国孝情特別礼拝【写真】_210513_10@

2021.5.9天一国孝情特別礼拝【写真】_210513_7a

2021.5.9天一国孝情特別礼拝【写真】_210513_5a