6月23日(木)、橿原家庭教会 礼拝堂において、「心の書写奉納式」が行われました。

今回のみ言は「あらゆることに精いっぱいの誠を尽くす」です。

植村成和青年部長は講話の中で、「あらゆることに精いっぱいの誠を尽くす」ことは、言い換えれば「手を抜かない」ことであり、身近な「夫婦」や「親子」、「家族」の関係も愛情に手を抜くことなく、信頼関係を深めることが大切だと説明しました。

また、すべての事柄に精誠を尽くしてこられた文鮮明先生のみ言を紹介しました。

講話の後、書写の奉納と伝授が行われ、参加者たちは、文先生の愛の心情を意識しながら、今回のみ言葉を書写しました。

 
IMG_7036a

IMG_7038a