2月23日(木)、橿原家庭教会の礼拝堂で「心の書写奉納式」が行われました。

今回のみ言は「愛天愛人愛国」です。

植村成和青年部長は講話の中で、日常生活は大きく分けて、「起きる」「家を出る」「家に帰る」「寝る」の4つ要素があることを説明し、幸福になるためには、幸福を引き寄せる「起き方」「家の出方」「帰り方」「寝方」があることを説明しました。

また、本当の幸福を得るためには文鮮明先生の教育理念である「愛天愛人愛国」の生活が必要であり、「愛天愛人愛国」とは家庭生活で言えば、「天を愛し、家族と隣人を愛し、住居や地域社会を愛すること」だと説明しました。

講話の後、書写の奉納と伝授が行われ、参加者たちは文先生の愛の心情を意識しながら今回のみ言を書写しました。

 
IMG_0975a

IMG_0979a

IMG_0983a