4月24日(木)、橿原家庭教会の礼拝堂で「心の書写奉納式」を行いました。

今回のみ言は「あらゆることに精いっぱいの誠を尽くす」です。

任宗彬教会長は講話の中で、幸福の基本は「夫婦の心が通じ合うこと」であり、「親子の心が通じ合う」ことだと説明しました。

また、文鮮明先生の自叙伝「平和を愛する世界人として」の内容を紹介しながら、「あらゆることに精いっぱい誠を尽くすことで、夫婦や親子の心が通じ合うようになります。そのような実践をすることで、私の家庭に天国を創っていきましょう!」と参加者を激励しました。

講話の後、書写の奉納と伝授が行われ、参加者たちは文先生の愛の心情を意識しながら今回のみ言を書写しました。

 
IMG_8470a

IMG_8471a

IMG_8475a

IMG_8482a

IMG_8484a