5月31日(木)、橿原家庭教会の礼拝堂で「心の書写奉納式」を行いました。

今回のみ言は「意志さえあればできないことはない」です。

任宗彬教会長は講話の中で、歴史上、偉大な指導者は、皆幼い頃から人生の目的が明確だったことを紹介し、私たちも偉大なことを成し遂げるためには『志』が大切なことを説明しました。     

また、文鮮明先生の自叙伝「平和を愛する世界人として」の内容を紹介しながら、「私たちは神様から偉大な人間として創造されたので、明確な『意志』があれば何でも成し遂げることができます」と参加者を激励しました。

講話の後、書写の奉納と伝授が行われ、参加者たちは文先生の愛の心情を意識しながら今回のみ言を書写しました。

 
IMG_8901a

IMG_8902a

IMG_8907a