1月21日(土)、橿原家庭教会に宋龍天・全国祝福家庭総連合会総会長をお迎えして「第15地区 2017年新春特別集会」が行われ、奈良、京都、三重、滋賀から250名以上が参加しました。

礼拝の様子はインターネットで15教区の各教会にも配信され、多くの方が参加しました。

開会宣言、聖歌、家庭盟誓、開会祈祷の後、聖歌隊による賛美が行われました。
三重の聖歌隊が、「上を向いてあるこう」と「サミョン(使命)」の2曲を心情的に賛美すると参加者から盛大な拍手が送られました。

熊谷地区長の挨拶のあと宋総会長が登壇され、講話の時間が持たれました。

宋総会長は、「新しい時代のパラダイム」という題目で話され、「パラダイム」とは時代精神であり、ある時代のものの考え方、認識のシステムのことであることを説明しました。
そして、創造当時、旧約時代、新約時代のパラダイムを説明しながら、家庭連合のパラダイムが「すべての祝福家庭が第二の真の父母になり、仲保者を必要とせず、天の前に直接報告し、天の父母様(神様)と真の御父母様に各家庭で侍る」ことだと強調しました。

また、「Never Agein(ネバーアゲイン・失敗を繰り返さないという意)」という言葉を紹介し、「2017年を私たちが、これまで天の父母様(神様)に与えた悲しみや失敗を絶対に繰り返さいような歩みをしましょう」と全体を激励しました。

 
IMG_0051a

IMG_0070a

IMG_0102a

IMG_0136a

IMG_0167a

IMG_0222b