3月13日(月)、飯野巡回師を橿原家庭教会にお迎えし、特別集会を行いました。

飯野巡回師を橿原家庭教会にお迎えするのは今回で5回目。今回は「真の御父母様と私 その5」と題して、飯野巡回師がこれまで経験してきた内容や文鮮明先生ご夫妻との歩みを話して下さいました。

飯野巡回師は、1996年にサウジアラビアを任地国として与えられたときの様子を話され、サウジアラビアを訪れ、愛する実践をされてきた内容を紹介されました。

サウジアラビアに入国するために、宗教ビザを取得して入国したことや、サウジアラビアの文化や習慣、聖地(メッカ)を巡礼した時の様子など、ご自身が体験され実感した内容を語られました。

飯野巡回師は、サウジアラビアを愛するために、まずサウジアラビアのことをよく知って、理解し、親身に感じれるよう努力しながら、サウジアラビアの人々が最も大切にしている「イスラム教」を理解するよう歩んできたことを紹介しながら、愛するためには、まず、「よく知ってあげること」。その上で「理解をすること」。そして理解した内容において「親身になって相手を大切にすること」で愛の行動が示されるようになることを強調されました。

最後に全体で記念撮影をし、飯野巡回師は一人一人と握手を交わし特別集会は終了しました。

 
IMG_1241a

IMG_1245a

IMG_1239a